スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yさんの住処 杭基礎工事

設計事務所さんの事前の調査で、地盤の補強で、杭基礎が必要であることが判明していたので、鋼管杭を設置する設計になっています。鋼管杭は、114.3mmの径で、長さ3m~6m、31本設置します。

鋼管杭検査
鋼管杭が現場に搬入されてきました。
荷降ろし前に設計図どおりの鋼管杭かどうか検査します。



鋼管杭検査

鋼管杭の径、長さ、厚さ、本数が設計どおりのものかどうか、製造工場も間違いないか刻印で確認し、入念に検査します。また、傷、曲がり等の不良品が無いかも厳格にチェックし、もし不良があれば必ず返品、交換します。
あとからは確認できないものですので特に入念な検査を行います。



鋼管杭検査




鋼管杭打設

鋼管杭の検査が終わり不良品がないことを確認してから、いよいよ丁張に従って、設計図の位置に正確に鋼管杭を打設します。今回は、音、振動など比較的影響がない場所でしたので、一般的なモンケン式杭打ち機を使いました。


鋼管杭溶接 
鋼管杭の長い箇所は、溶接でしっかりつないで打ち込みます。


鋼管杭支持力検査
鋼管杭の支持力検査

あらかじめの地盤調査に従って、鋼管杭を打ち込む位置、長さが決められてますが、なにせ土の中のことなので、打ち込みながらも支持力(杭が固い地盤まで到達すると支持力が大きくなる)が出ているかどうか確認します。
打ち込むモンケンの重さ、モンケンの落下高さ、杭の貫入量(モンケンを落としたとき杭が地面に食い込む深さ)で支持力を計算して出します。


お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

㈱ハラモク
岐阜県中津川市で、太陽光発電、エコで自由設計、東濃ひのきをたっぷり使った住宅を提案してます。また、店舗、施設、工場、公共建築、土木工事と建設について何でもこなしてます。
そんなハラモクの現場の様子、快適な家つくりに関する情報を見ていただきたいと思います。
ハラモクホームページへ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。