スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yさんの住処 丁張掛け

丁張(水盛り、遣り方)

丁張先日決定した建物の位置に従って、正確に丁張を掛けます。建築する建物の位置、方向、高さほとんどすべてが丁張で決まりますので、レーザー測量器を使って慎重に、正確に丁張を掛けます。

丁張り(ちょうはり)とは
工事を着手する前に、建物の正確な位置を出す作業のことで、別名、水盛り遣り方(みずもりやりかた)とも言います。
丁張り(水盛り遣り方)はまず、設定GL(基準となる地面の高さ)を決め、約1.8m間隔に建物に出来るだけ平行に杭を打ち、水平ライン(基礎の上端の高さ)を記し水貫(ミズヌキ)でつないでいきます。杭と水貫が動かないように、筋交い貫(すじかいぬき)を斜めに打ち付けて固定します。
更に水貫と水貫の間に水糸を張って、基礎(建物)の中心線を印します。基礎工事の掘削を行っても動かない位置に設置し、基礎工事が終わるまではチェックしながら丁張に従って作業します。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

㈱ハラモク
岐阜県中津川市で、太陽光発電、エコで自由設計、東濃ひのきをたっぷり使った住宅を提案してます。また、店舗、施設、工場、公共建築、土木工事と建設について何でもこなしてます。
そんなハラモクの現場の様子、快適な家つくりに関する情報を見ていただきたいと思います。
ハラモクホームページへ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。